のし (1380 × 300 px).png

熨斗(のし)

日本文化の誇れる「ラッピング」表書きと水引。

熨斗を添えてワンランク上の贈り物を大切な人に。

熨斗(のし)とは?

熨斗(のし)とは、結婚式、入学式や卒業式の内祝いなどフォーマルな贈り物のシーンで添えられる飾りのことを指しています。熨斗(のし)を添える文化は古来からのマナーとして引き継がれています。

鮑(あわび)を干し、平らに細長く伸した「伸し鮑」を「長く伸びるように」という縁起物として贈答品に添えたことが熨斗の始まりといわれています。

のし紙の構成

のし紙は熨斗(のし)、表書き、名入れ、水引の4つで構成されています。

どんな時に添える?

誕生日、出産、退職、長寿、昇進、入学祝いなどフォーマルなプレゼントに限らず、母の日など日頃の感謝を伝える時にワンポイント添えてみてはいかがですか?今回特集を組んだ商品は自由に表書きをカスタマイズ可能です。​のし紙のリクエストなどございましたらお気軽にお問合せください。

商品一覧